更新ニュース

文化財調査建築班が3回目の調査

 妙成寺文化財調査の建築班による3回目の調査がこのほど行われました。調査委員長の中村利則京都造形芸術大学教授は、五重塔の彫刻分析のため資料を集めました。建築班リーダーの麓和善名工大大学院教授と名工大の学生らは、五重塔の内部に入り、暑い中、汗だくになって測量を続けました。また、金沢工大の山崎幹泰准教授は、宝蔵に納められている棟札などの記録を進めました。